いたこーぶろぐ

YouTubeでアップした動画の補足やその他の事について書きます

GoPro HERO5とRider-Mで行くGW台湾旅行!とGoPro不具合?

前回の投稿から久々の更新ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は今仕事が忙しくて(も稼げなくて)大変なのですが、前回触れたようにGWは台湾旅行に行ってきました!

もちろんGoProとRider-Mをお供に。

10年ほど前に当時の仕事の出張で台湾に行って以来、ハマってしまって毎年のように旅行に行っているのですが、今まではちょろちょろ写真を撮るくらいであまり記録は残していませんでした。

一眼カメラを持っていくこともありましたが、やはり重いし常に持ち歩くのはきつく、結局スマホで写真を撮る事が多かったように思います。

しかし!今の僕には「GoPro」と「Rider-M」と「キャプチャーwith POVキット」と「かわるビジネスリュック」がある!!

ということで、念願の「両手フリーでの台湾動画撮影」をたくさんしてきました!

台北→台南→高雄という行程でしたが、GoProに独り言をぼそぼそ喋りながらぶらぶら歩いてるだけでも、なんだか今までの台湾一人旅とは違った楽しさを感じられました。

この記事を書いている2017年5月25日現在、5本動画をアップしています。よろしければ見てやってくださいm( )m

正直、動画撮影に慣れていなくて不備も多く編集もまだまだ勉強中です。特にハウツー的要素もなく誰得なのかわからない動画に仕上がっておりますが、少しでも台湾の雰囲気が伝わり、少しでも一緒に旅行しているような気分になっていただけたら幸いです。

あと少し続く予定ですが、なるべく早く完結させたいと思います。

動画を見ていただいてもし面白いと思われたなら、ぜひチャンネル登録やコメント、いいね評価をいただけると僕のモチベーションがあがります!

宜しくお願い致します。

では、台湾動画の裏話を少ししておきたいと思います。

今回動画撮影をしていた最中、GoPro HERO5のとある不具合に悩まされていました。

撮影しながら回避方法も大体把握出来たので、その報告をしたいと思います。

また、この不具合は個体差によるものか、共通の不具合なのかわかりません。

その不具合は「電池交換をした後、そのまま電源OFFの状態でシャッターボタンを押して録画スタートしようとした場合、電源は入るものの録画はスタートされず、フリーズしてしまう」というものです。

一度フリーズしてしまうと電池の抜き差しをしなければ復旧できませんでした。(電源ボタン10秒以上長押しによるリセットは未確認)

検索してもあまり出てこなかったので個別の不具合の可能性もありますが、一応回避方法も載せておきます。

1,電源OFFの状態でシャッターボタンからの起動をしない

これはRider-M使用者にはなかなか辛い回避方法です。なぜならRider-MにGoPro HERO5をセットすると、電源ボタンがモーターに隠れてしまうからです。Rider-M使用時にはシャッターボタンからのクイックスタートが非常に有効…。それが使えないとは…。でもGoProをセットするフレームを外して、固定を劣化しにくい輪ゴム「モビロンバンド」に変える事で、脱着や電源on-offが容易になります。心の師匠ドリキンさんが最近動画で紹介してましたが、早速パクらせていただきました…。

2,電池交換後、一度電源ボタンで電源on-offしておく

電池交換後すぐのクイックスタートでこの症状が多く出ていて、一度電源on-offした後でのクイックスタートではこの減少は出にくかったように思います(十分な検証はしていません)

3,そもそも電源オンしたままにしてRider-Mにセットし、常に電源onにしておく

電池消耗早いですが(^^;

こんなもんでしょうか。該当する不具合に当たっている方がどれだけいるのかわかりませんが、こういう症状がありましたって事で。

帰国してからあまり使えていませんが、今後もよく出るようならサポートに問い合わせてみたいと思います。

では、台湾動画ぜひ見てくださいね!