いたこーぶろぐ

YouTubeでアップした動画の補足やその他の事について書きます

両手フリーで自分目線の散歩動画を撮影する方法(さきたま古墳で撮影の動画あり)

これ↓は初めてユーチューブにアップロードした動画になります。

GoProとジンバルRider-Mで桜の季節のさきたま古墳公園を散歩しました。

今回は僕の散歩動画撮影の方法を詳しく書きたいと思います。

はずかしくて人がいると無言かボソボソっとした声で喋ってますが、混んでいたわりには人が少ないポイント(桜がない場所)も多く、非常に撮影しやすかったです。

ZhiyunのRider-Mという3軸ジンバルにGoPro HERO5 Blackを載せ、そのユニットをリュックのベルトに固定したPeakDesignのキャプチャーwithPOVキットに取り付けます。そうすることで両手フリーで自分視点の動画撮影が出来ます。

ジンバルなしだと揺れが酷くて鑑賞に耐えないかと思われます。

これはユーチューバーのドリキンさんが実践しているシステムで、触発されてというかパクってしまいました…。

この方法、実は問題点もあります。

ジンバルの効果はかなり高いのですが、GoPro内蔵マイクではジンバルのモーター音を拾ってしまって音声が使い物になりません。

そこでこれもドリキンさんの実践している方法なのですが、ICレコーダーにピンマイクを差し、音声を動画とは別で録音します。

この時、GoPro本体の風音キャンセラーを有効にしておきます。(音声グループモードを「風のみ」にする)

風音キャンセルを有効にすることで、音質は悪いですが比較的音声を拾ってくれるようになります。これがこの後の音声同期作業で有効になります。

そして動画編集ソフトの「音声の同期」機能でソフトが自動で音声の波形を分析し、映像と別録り音声をピッタリ合わせてくれます。

この機能がある動画編集ソフトは、僕が確認した限りではAdobe Premiere ProとCyberLinkのPowerDirectorです。(他にもあるかもれません)

Premiere Proは動画編集をしている人は皆さんご存知かと思われますが、PowerDirectorもコスパのいい優秀な編集ソフトだと思います。

音声を同期したら、GoProの内蔵マイクで撮った音声をミュートにすればGoProの映像にICレコーダーの音声で画質も音質もきれいな動画が作れます。

一手間かかりますが、ジンバル使用の有無に関わらず個人で動画撮影されている方なら高品質な動画を撮影するのに有効な方法だと思います。

ジンバル不使用であれば本体に外部マイク入力アダプターを使用し外部マイクを接続して、音声同期の手間なく高音質な動画が撮影できます。

僕も車載動画ではこの方法でピンマイクを接続して撮影する事が多いです。

ジンバル使用だと外部マイクアダプターの重さにジンバルが負けてしまうので、この方法での撮影は難しいと思います。

あとこれも大事な要素だと感じているのですが、使用するリュックに欲しい機能があります。

左右のベルトを胸の位置で繋ぐチェストベルト?があると動画の安定度が格段に上がります。

同じ方法で撮影しようと思っている方でリュック購入を考えている場合はチェストベルト付きを検討してみてください。

以上が自分目線の散歩動画を両手フリーで撮影する方法でした。

これでこれから動画撮りまくるぞ!という決意表明の初動画でした。

僕は台湾旅行が好きでたまに行くのですが、そういう時にこの方法で散歩動画が撮れたら楽しいだろうなと思ってこれらを購入しました。GWに行きますのでたくさん撮影してきたいと思います。

実はこの日、とあるユーチューバーさんが撮影でいらっしゃってました。勇気がなくて話しかけられませんでしたけどね…。